◆チームプロフィール◆


K-one動流夢 (ケーワン ドリーム)

〈はじめに〉
私たちの活動拠点である新横浜には、
一日に約22万人の乗降客数を数える
大きなターミナルである「新横浜駅」
が存在し、在来線であるJR横浜線・
横浜市営地下鉄のほかに、東海道
新幹線の止まる、まさに港町・横浜市
の玄関口です。

バスターミナルのある北口には、数多くのオフィスビルが
立ち並び、さらに周辺には横浜Fマリノスのホームグランド
である日産スタジアムや、様々なコンサートやイベントが
開催される横浜アリーナ、ラーメン博物館、新横浜
プリンスホテル、新横浜スケートセンターなど、多くの
メジャーな施設が存在します。

また、駅から少し離れたエリアには様々な大型商業施設が
存在し、街には季節に関わらず各地から沢山の人々が
集まります。

 そんな新横浜も1964年に東海道新幹線が開通するまでは、
昔から田んぼに囲まれた横浜市内最大の水田地帯でした。
そのため、駅の南側である篠原口には現在ものどかな風景が
広がっており、駅を挟んで北と南ではまた違ったカラーを
見せてくれる街でもあります。

〈チーム概要〉
結成:1999年7月

メンバー数:38名 (2012年4月現在)
代表:近藤一美 (コンドウ カズミ)


〈チームのモットー〉 
※クリックで拡大できます↓↓



〈K-one動流夢の練習テーマ〉

◆Ⅰ.動くための身体作り
よさこいは外の硬いコンクリートで踊ることが多く、体には
大きな負担がかかります。
故障を起こさないために必要な筋肉、基礎体力をつけること
を重要だと考えています。
 

◆Ⅱ.基本の動きの練習
群舞としての美しさは動きの統一感です。

関節の可動域を知り・筋肉の動きや流れを感じ、呼吸と調和
した動きを習得します。 

 
◆Ⅲ.作品の理解と表現
作品を理解し、それを身体で表現する方法を学びます。

 
◆Ⅳ.ステージ・流しの練習
ステージ演舞は、一枚の絵を皆で描くために一人一人が

その一部を担います。
パレード演舞は、目の前に観客がいるため、常に自分が
チームの代表という意識を持ち表現できる事が求められます。
満足できる演舞が出来た時の舞台上の独特の空気は、
私たち踊り子が求め、また味わうことができる最高の瞬間
です。

        
〈主な活動実績〉
 
こちをクリックしてください。